幸せな結末

Happy End

This Will Be Our Year

2017年気に入った音楽を時系列でリストアップ。初めて聴くものから再発見したものまで様々。
※『アルバム名』、「トラック名」

R.E.M.『Out Of Time』
Elliott Smith『Either/Or: Expanded Edition』
カーネーション『EDO RIVER』
Noname『Telefone』
→1年通して愛聴。普段着のようなラップがフィットした。
Thundercat『Drunk』
Suchmos『THE KIDS』
Sampha『Process』
The Smiths『Hatful Of Hollow
→2017年はずっとスミスを聴いていた気がする。ドラムス、ベース、ギター、声のみのロックンロールはいつの時代も美しい。
小沢健二「流動体について」
渡辺満里奈「バースデイ・ボーイ」
Lorde『Melodrama』
Jay Som『Everybody Works』
キリンジ『スウィートソウル ep』
→スミスと同様キリンジの素晴らしさを再発見。
w-inds.『INVISIBLE』
Calvin Harris『Funk Wav Bounces Vol. 1』
欅坂46「不協和音」
NGT48「青春時計」
ザ・スパイダース「サマー・ガール」
藤原さくら『PLAY』
R.E.M.『Automatic For The People』
シャムキャッツ『Friends Again』
佐野元春『VISITORS』
→今更ながらガツンときた、佐野さんの最高傑作。わずかな隙間さえ許されないポップ・ミュージック。「カム・シャイニング」の4小節/1ループの長さが最高。
Selena Gomez「Bad Liar」
Radiohead『OK Computer OKNOTOK 1997 2017』
Justin Bieber「What Do You Mean?」
柴田聡子『愛の休日』
→「あなたはあなた」は2017年のベストトラック。
MONDO GROSSO「ラビリンス」
シャムキャッツ『Friends Again』
寺尾紗穂「リアルラブにはまだ」
THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS
Negicco「愛は光」
欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』
The Cure『Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me』
Kanye West『The College Dropout』
Michael Jackson『Thriller』
槇原敬之『君は僕の宝物』
久保田利伸『THE BADDEST -HIT PARADE-』
→ライジングサン・ロックフェスティバルのパフォーマンスは素晴らしかった。
SMAPSMAP 007 Gold Singer』
台風クラブ『初期の台風クラブ
→2017年最大の新人にしてベスト・アルバム。
小沢健二SEKAI NO OWARI「フクロウの声が聞こえる」
Ike & Tina Turner『River Deep - Mountain High』
P-MODEL『Perspective』
村八分『ライブ』
→ロックンロールが好きと言いながらこのバンドを聴いてこなかった今までの僕に、説得力は何もない。
山口冨士夫『ひまつぶし』
→出張先から帰る道中でよく「おさらば」を聴いた。
平賀さち枝『まっしろな気持ちで会いに行くだけ』
Kaede「あの娘が暮らす街 (まであとどれくらい?)」
吉澤嘉代子「残ってる」
Okada Takuroノスタルジア
加山雄三「お嫁においで 2015 (feat. PUNPEE)」
T. Rex『The Slider』
グラム・ロックのイメージがいい意味で覆った。
PUNPEE『MODERN TIMES』
キリンジ『ペーパー・ドライヴァーズ・ミュージック』
AKB48「11月のアンクレット」
→2017年ベスト・オブ・スペクター・オマージュ。秋元康から渡辺麻友へのラスト・メッセージ。<僕よりやさしい人に出会えたのなら/しょうがないって諦められるかな>
Charlotte Gainsbourg「Rest」
宇多田ヒカル「あなた」
ミツメ「エスパー」
→毎年12月になると東京インディーのバンドが名曲をリリースする。2016年はcero「街の報せ」。
サニーデイ・サービスPopcorn Ballads』
→まだ消化しきれない大作で、『ホワイト・アルバム』のように時の経過により評価が上下する類の作品。
どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ
→でんぱ組的ポップ・ソングが枯渇していた穴をうまく埋めてくれた名曲。

広告を非表示にする

夢うつつ

Apple Musicの弊害がいくつかある。

まず、「アーティスト名」「曲名」のみをヒントにしたときの参照先の精度の悪さ。Apple Musicに登録されてない曲を参照してくるとき、似た名前のアーティストの、似た名前の曲をダウンロードしてきてしまうのだ。つまり全くの別曲だ。特に漢字表記の日本人アーティストに多い。「中」や「森」で始まる人たちはその餌食になりやすく、中村一義中村中になったり、森田童子森田健作になったり。「東京」で始まるアーティストも多いので、東京事変東京パフォーマンスドールになっていたりする。この現象は単純に笑えるし、後年振り返って懐かしめるようなネタにはなるだろうが(新しい技術が生まれたときには、そうしたバグはつきものかもしれない)、名前を変えてアップロードし直さなければならないのがめんどい。また、さらにマニアックな話題になるが、曲は一致していても古いリマスター・バージョンで流れる現象。Apple Musicにリマスターが2種類あるか、または古いバージョンしかないときに起こる。これも名前を変えてアップロードし直すが、それでも直らない場合が多い。めんどい。しかしリマスター信者(当方)にとってはとても気になることなのだ。以上の2現象はiTunesライブラリの整理を大きな生きがいにしている人種(当方)にとっては悪しき傾向である。多少の資金援助するので撲滅したい。

そしてもう一つ目の弊害は、音楽の聴き方が結構変わるということ。先日、セイント・エティエンヌのファーストをApple Musicでダウンロードして途中まで聴いていたのだが、なんとなく飽きてしまい、結局削除してしまった。一昔前ならCDを買ってきて、iPodなりに同期してとりあえず数回は聴いてみただろう。もっと遡れば、MDに入れて何度も聴いたはずだ。最初はピンとこなくても、買ったのだからという理由で良さが解るまで聴いたものだ。その過程で、その盤に当時の部屋の空気や匂いが蓄積され、あとで振り返ったときのタイムマシーンになる。「思い入れ」というやつだ。音楽にこのような時空飛翔装置としての側面を求めている自分がいて、それは大事にしたい。しかしストリーミング時代になり、その空気や匂いを閉じ込めにくくなった。高速で移り変わる膨大な音楽のカタログを前にして溺れてしまい、じっくりと新しい音源に向き合う時間が減ってしまった。だから結局、思い入れのあるアルバムをつい再生してしまう(今は『ジョンの魂』だ)。 レコード技術が発達して大量生産できるようになった頃(1950年代~)のアメリカでは、民衆が車でスーパーへ向かう途中の数分間、カーラジオで曲を聞かせるために、とにかくインパクトのあるイントロに力を入れていたという話がある。長いイントロの曲なら、歌が始まる前にスーパーに着いてしまい、聴いてもらえなくなるのだ。この時代のヒット曲は確かにイントロから派手で気合が入っている。曲自体も2分台で終わるものがほとんどだ。そうした「生活者の制約」が、素晴らしいイントロや構成を持つ曲をたくさん生み出し、結果としてポップ音楽産業を豊かにしていった。つまり、ポップ・ミュージックとは人の生活に合わせて変化していくものなのだ。さて、現在はストリーミング時代。音楽はどれでも再生でき、スクラブして自由にサビまで飛ばすこともできる。一番おいしい部分だけつまみ食いできる。気に入らなければ次の曲へ。そうしたせわしない現代人の生活に合わせてどうポップ音楽が変化するのか。個人的レベルでいえば、徐々に変わりつつある。それが少し寂しい。

「ねぇ、アルバムって覚えてる?」故プリンスは言った。やっぱり僕は、腰を据えて「いいアルバム」が聴きたいなぁ。

広告を非表示にする

Through the Wire

欅坂46平手友梨奈が体調不良によって本日のライブを欠席した。メンバーがライブを休むことは、大所帯アイドル・グループではありがちなことだが、平手となると話は別だ。なぜなら欅坂46とは平手友梨奈がいてこそのグループだからだ。平手のいない欅坂46は、例えるならジョンとポールのいないビートルズくまモンのいない熊本県大泉洋のいない『水曜どうでしょう』だ。ともかく今は本人の体調を第一に考えて慎重に対応してほしいと願う。この一年強、16歳には背負わせるものが大きすぎたのだろう。しばらく休んでもいいとさえ思う。「今の私は今しか表現できない」と彼女は言った。それは正しい。だが今、未来の自分を滅ぼしてまで表現することなどなにもないはずだ。まだ君には先があるんだ。
彼女のパフォーマンスには、鬼気迫るという言葉以上の凶暴さがあった。あの狂気はどこから生まれるのかずっと疑問だったが、やはり命を削っていたのかもしれないな。あの異常なまでの爆発力は、早くして失われるという運命とともにあったとしてもおかしくない。
さて、残されたメンバーはあまりに重い現実を知ることになるだろう。平手友梨奈の穴は誰がやっても埋まらない。全員でも、埋まらない。その残酷さ。まぁ、見てる側としては、グループ史がより濃密なものになって、ドキュメンタリー映画が早くも楽しみだなぁなんて呑気になれるのだが。
 
乃木坂46の新曲には、3期生から2人がWセンターとして抜擢された。2期生がセンターに抜擢された7th(2013年)ほど荒れていないように見えるのは、自分が乃木坂から距離を置いたからなのか、ファンが成長したのか、1期生が成長したのかわからない。とりあえず大園、与田はのびのびできているようだ。大園桃子は、乃木坂にいなかったタイプの王道アイドルといった雰囲気で、屈託のない笑顔が特徴的。そして白石麻衣に寵愛されている。2期生に対して見せてこなかった白石のお姉さん的側面を引き出している。これを才能と呼ばずしてなんと呼ぼう。大物である。もう一人のセンター与田祐希は、大園とは違って、清く正しい乃木坂メンバーといった佇まいをしている。こちらは西野七瀬に可愛がられているようである。あの西野がお姉さん的立場になるなんて感慨深いものがある。3期生はまだ山下美月と久保史緒里という正統派美形メンバーも控えているので、やはり乃木坂の層は厚い。
だがいいことばかりでは決してない。1期のアンダーと(堀・新内以外の)2期の惨状を見るに、とてもじゃないが同じグループとは思えない。選抜/アンダー問題は初期からずっと言われ続けてきたことなのに、まだその沼から脱しきれておらず、グループ全体の調和よりも目先の利益や話題性を追求した結果、多くの人を不幸にしていくのだ。
 
ところでライジングサン・ロックフェスティバルに行ってきて、最高に楽しかったのだが、最高気温25℃かつほぼ雨だったのできれいに風邪を引いて帰ってきた。未だ完治せず。年取ると風邪も長引くのかなぁ。というわけでプレイリストをどうぞ。
 
17 Aug, 2017
M2. 篠原涼子, "夏の日"
M3. 久保田利伸, "LOVE RAIN ~恋の雨~"
M4. 乃木坂46, "流星ディスコティック"
M6. MONDO GROSSO, "ラビリンス (DUBFORCE Mix)"
M7. 欅坂46, "少女には戻れない"
M8. 槇原敬之, "もう恋なんてしない"
M9. B'z, "ultra soul"
M10. Prince & The Revolution, "Purple Rain"
M11. H Jungle With t, "WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~ (2 Million Mix)"
広告を非表示にする

Half a Person

会社の飲み会で、いまの若者たちは欲がないという話になった。僕もそうだ。欲しいものはないのかと聞かれて、すぐには思いつかなかった。ただ、(この話はしなかったけど)僕は大学・大学院と7年通ったうち、少なくとも5年間は友だちと呼べる人は一人もいなかった。そんな社会性ゼロの人間が、就職できただけでも奇跡という他ない。拾ってくれた会社には感謝している。とにかく、そんな人間だったから、会社に入って普通に他者と何か一緒に作業したり、ちょっとした頼み事をされたり、食事をするというだけでも幸せなのだ。人間関係も悪くない。そんな環境で平穏無事に一日を終えて、家に帰って好きな音楽を好きなように聴ける。それだけでいい。さらに幸運なことに、週末には愛すべき恋人と逢える。それ以上何を望むというのだろう?

広告を非表示にする

みなもと

例えば中川五郎のような、ごく個人的な内容を歌にするのがシンガー・ソングライターの定義とするならば、柴田聡子はやや種類の異なるアーティストだ。作家本人とは関係なく、独立した美しさとわかりにくさを持つ歌詞(その中に「ある特別な感情」を隠している)を書く。そういう意味で彼女は正しく「詩人」である。あるいは大衆を惹きつける力(美人かどうか判別のつきにくい特徴的な容姿)を持つポップ・シンガーか。小沢健二が憑依したような高揚感を持つファンキーな3分間ポップス「後悔」と、アリーナクラスでも耐えうる、胸いっぱいの必殺メロディが炸裂する「あなたはあなた」。この2曲が存在するだけでも2017年を代表する名盤と呼ぶに相応しい。柴田聡子『愛の休日』。

f:id:RoseParade:20170706212611j:plain

広告を非表示にする