読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな結末

Happy End

今日のままでいることなんて

4月の終わりに僕はポール・マッカートニーのライブを観た。16年以上(人生の半分以上だ)ビートルズを聴き続け、その音楽に身も心も捧げていた人間にとっては御姿を拝めるだけでもありがたいのに、なんとその場でビートルズの曲を演奏し、歌ってくれるのだ。個人的には「恋を抱きしめよう(We Can Work It Out)」、ジョンのパートを歌うポール、に泣けた。そう、この人こそ「ジョンの不在」をずっと背負い続けてきた人なんだ。先日藤本国彦『ビートル・アローン』を読んで、ジョンが生前ポールにかけた最期の言葉を知ってさらに泣けた。

「たまには俺のことも思い出してくれよ、オールド・フレンドなんだからさ。」

**

ときに柴田聡子の新曲「後悔」がすごく好きだ。

バッティングセンターでスイング見て以来

実は抱きしめたくなってた

という歌詞になぜかグッと来てしまった。しかもこれが自由に上下するメロディに乗るのだから凄まじい。

***

スピッツのアルバムが一斉にアナログ再発されると知ってしまった。『スピッツ』『名前をつけてやる』『ハチミツ』を注文した。値段(税抜¥3,000)が比較的良心的ですばらしい。くるりとは違う。

****

来月に出るシャムキャッツの新作が吐くほど楽しみだ。ティーザーでちらっと聴いた感じは、ややラフで風通しの良さそうなネオアコ、またはパワー・ポップ(最高)。去年のシングル『マイガール』とEP『君の町にも雨はふるのかい?』で強引にバンドの新たな引き出しを開け、次作はもっと雑多な方向に行くのかと思いきや、統一感のあるテイストになりそうだ。去年の暮れに見たワンマンは、とても堂々とした貫禄あるバンドに成長したなあ、と考えていた(別に初期から追ってわけではないが)。

***** 

今日のプレイリストは特にテーマなし。特定のアーティストにはまっていない時期です。

11 May, 2017

M1. Calvin Harris, "Heatstroke" (feat. Young Thug, Parrell Williams & Ariana Grande)

M2. Noname, "Sunny Duet" (feat. theMIND)

M3. NGT48, "青春時計"

M4. 藤原さくら, "Someday"

M5. 吉澤嘉代子, "月曜日戦争"

M6. 柴田聡子, "後悔"

M7. Girlpool, "It Gets More Blue"

M8. Mac DeMarco, "One More Love Song"

M9. The Zombies, "This Will Be Our Year"

M10. Radiohead, "High and Dry"

M11. Radiohead, "No Surprises"

M12. R.E.M., "Nightswimming"

M13. cero, "街の報せ"

******

近いうちに中村一義『金字塔』について書きたい。

広告を非表示にする