幸せな結末

Happy End

I Feel It Coming

欅坂46のニュー・シングル「二人セゾン」は曲、MVともに傑作である。まず触れるべきは画期的なフォーメーションで、1st、2ndで3列目のポジションに甘んじていたメンバーがなんと4人(小池美波、原田葵、佐藤詩織、齋藤冬優花)も、1列目に躍り出たのだ。きっと何かのギミックがあるのではと思ってMVを観たら、なんてことはない、ちゃんと彼女たちは1列目だった。それは映っている時間が長いという意味だけではない。彼女たちはフロントに相応しいだけの輝きをしっかりと放っていて、僕はそこに感動して思わず泣いてしまうほどだった。君はAメロで颯爽と歩いてくる小池美波のあまりの可憐さを見ただろうか。それに続く佐藤詩織のしなやかな手足と澄んだ表情を見た瞬間、あるいは、3列目でグループを支えてきた齋藤冬優花のあまりに美しい視線を見た瞬間、この冒険的なフォーメーションが完璧な成功を収めたと確信するに違いない。2列目に入ったメンバーは、黄金の中盤とも言うべき安定したパフォーマンスを見せ、特にゆいちゃんず(小林由依、今泉佑唯)が揃ってカバンを放り投げる美しいシーンを撮るだけでどれだけの犠牲が払われたか。何人を不幸にしてきたか。しかし3列目のメンバーも少ない出番ながら、そのまばたきの瞬間、魔法をかけていく。特に米さん(米谷奈々未)だ。この子の笑顔は、すごい。説明できない何か、とにかくそれはアイドルにとってとても大切な何か、が宿っている。恒常的に涙目になるMVだが、僕はこの米さんの笑顔に一番やられた。デビュー曲「サイレントマジョリティー」では、平手友梨奈とその他、という構図が明らかだった。それが今作はちゃんと欅坂46になっている。全員がすごい勢いで成長していて、それでも平手はやはり群を抜いているが、確実に差は縮まっている。

曲単体でも素晴らしい。インパクトこそ「サイレントマジョリティー」に譲るが、主張の激しくないストリングス、細やかなピアノのフレーズといったディテールを積み重ねていくアレンジの丁寧さが、最高のポップスに仕上げている。奇を衒わなくともポップ・ソングはつくれるのだ。ユーミンのような、誰も思いつけそうもないのにキャッチーなメロディ(特にBメロ)、最初から最後まで息もつかせぬ展開(しかし息苦しくない)含め、全てが完璧だと思う。

今年の音楽をまとめて近日中に書こうと思う。とにかく最近はマイケル・ジャクソンの『スリラー』が良くて、今年の初めには『オフ・ザ・ウォール』を聴き倒していた自分としては、マイケルに始まりマイケルに終わる2016年だったといえる。その間にマルコス・ヴァーリ、ア・トライブ・コールド・クエスト、森田童子、プリンス、斉藤由貴ボズ・スキャッグスがいたのだけれど。

 

広告を非表示にする