幸せな結末

Happy End

ムーンライト・セレナーデ

映画について

この夏観た映画たち。
映画を語れるほどのリテラシーを持っていないことをまず白状しておく。なすがままに。

エリック・ロメール海辺のポーリーヌ(1983)
はじめて下高井戸シネマに行った。曽我部恵一も学生のころ行っていたという、古くていい感じの劇場。前の座席が近くてウケた。映画はなんてことない、男女のどうしようもない恋物語

石井岳龍蜜のあわれ(2016)
かなり、二階堂ふみ。映画は大したことない。ダンス・シーンは好き。全ての映画に入れるべき。

庵野秀明樋口真嗣シン・ゴジラ(2016)
超おもしろい。オタクチーム最高。俺にも男のロマン的なものが残っていることがわかった。

ジョン・クローリー『ブルックリン』(2015)
よい。とてもよい。地方から都市に移り住んだ主人公が、自分の居場所、そして人生を見つける、というだけの映画。だがそれ以外に描かれるべきものって存在するのだろうか(存在する)。

新海誠君の名は。(2016)
(君の名は)希望。面白かったけど、どこか醒めてた自分もいたな(特に挿入歌の部分)。でもあの内容を107分に収めたのはすごいな。

ジョウ・グータイ『若葉のころ』(2015)
いいに決まってるじゃん、って感じの青春映画。ビー・ジーズ最高。

**

音楽について

今年の夏はサニーデイ・サービスの『DANCE TO YOU』が最もよかった。いきなりネッド・ドヒニーかよ。さらにボズ・スキャッグスかよ。って思ったけど最高。音楽的にはカラッとしてるけど内容は暗い。たぶんサニーデイディスコグラフィの中で最も暗い。個人的には『東京』も暗いアルバムに思えるが。
他にはFrank Ocean、Jamila Woods、Pictured Resort、Angel Olsenのアルバムがよかった。春にA Tribe Called Questの影響でジャズっぽいヒップホップにはまり、The Rootsを聴く。今年のビートはこの感じだな。

***

夏について

不思議な夏だった。
言葉が溢れ、時間軸が捻れたような2ヶ月を越えて残ったのは、「ムーンライト・セレナーデ」が流れるような香りのする潮風だった。

****

九月の海へ行こう。

広告を非表示にする