読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・ダウンタウン・ライツ

とにかく生生星だ。生生星!生!生!星!

先日のミュージックステーション。「制服のマネキン」のイントロで3人が順番に登場するその刹那に、彼女たちのこれまでのすべてが凝縮されていた。らしさを失うことなく、真ん中に堂々と立てるまで真っ直ぐ成長した生田絵梨花。アンダーに落ちて一度脱落しかけたものの、完全に輝きを取り戻して波にのる星野みなみ。そして、様々な舞台で乃木坂のために全力を尽くしてきた生駒里奈。この登場シーンだけでも心が震えた。3人が横一列に並んだ時のワクワク感といったら、ない。後列が霞んで見えたほどだ。そう、あのタレント揃いの乃木坂鉄壁選抜でさえ霞ませるほどの力があったのだ。初期の頃はかわいい妹3人組といった感じだったが、今回の3人は完全に乃木坂を背負っていた。近い将来、生生星の復活を確信させるには十分な貫禄があった。

11thシングル選抜は18人という苦肉の策となったが全体的にはバランスの取れたフォーメーション。西野七瀬が返り咲くとは予想しなかった。いずれにしても停滞感を感じざるを得ない状況ではあるが、希望もある。伊藤万理華の選抜復帰だ。完全に固定化した福神メンバーの牙城を崩すのは、間違いなくこの人だ。だからこそ3列目の真ん中に配置されたのだろう。彼女の活躍はそのままアンダーのモチベーションに繋がり、エネルギーが伝染し乃木坂全体が活性化されていく。ブログの筆圧もいつも以上に強く、彼女がどれだけこのシングルにかけているか伝わってくる。この熱量は、選抜固定メンバーにはないものだ。この時点で選抜より上に立っていると言ってもいい。同じく選抜入りした齋藤飛鳥の正直で誠実なブログも印象的だ。彼女は常にいろんなことをいろんな角度で考えている気がする。若くして全体を俯瞰で見れるバランス感覚は頼もしい。自分や自分のファンのことしか考えないような都合のいいメンバーはぜひ見習ってほしいと思う。さてアンダーのセンターは誰だろう。そろそろひめたんに立たせてあげたいと強く思う。しかし井上小百合の安定感も捨てがたい。永島聖羅の努力ももっと評価されるべき。選抜よりフォーメーション予想が楽しいアンダーは相変わらず。やれやれ。


そうだ、約半年ぶりにあの人に会えたんだった。まだいたことを確認しただけだったけど、ホッとしたなぁ。

広告を非表示にする