読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな結末

Happy End

愛と自由を求めて

先程乃木坂46の8thシングル選抜メンバーが発表された。これから乃木坂はフォーメーションとセンターをどんどん変えていくよ、という運営のメッセージをメンバーは受け取ったと思う。今回は5-5-6というフォーメーションで、センターには西野七瀬が選ばれた。初期の頃は3列目で、運営からほとんど推されていなかったにも関わらず、センターまで自力で這い上がって来たのには純粋に感動した。しかもあの性格の子が、である。頑張ってもらいたい。ただ、握手人気で白石に及ばないままだったらと考えると、やはりセンターにはなってない気がする。八福神の枠が五福神というまた奇妙な数になったのは驚きである。フォーメーションとの兼ね合いから、苦肉の策という感じがすごくする。運営自身も福神制度に首を絞められている現状には笑える。もはや福神制度はいらないと僕は思う。まっちゅんが2列目に後退し、まいまいが前進。いくちゃんが真ん中に入り、若月、桜井は現状維持。2列目はややフレッシュさに欠ける気も。生駒ちゃんがフロント復帰。いくちゃんと列が離れたのは少し、いやかなり残念だ。堀ちゃんは正式に福神入り。やっぱり運営の期待感は尋常では無い。この位置にいくちゃんが入って欲しかった。前回予想した3列目の争いは、かなり熾烈を極めた。6枠中2期生枠1つ(ここは北野日奈子が一抜けた。人気とポテンシャルで考えれば納得)、初選抜枠が2つ(ひなちま、まあや、嬉しい)、残る3枠のうち真夏さんと高山は入れざるをえないという状況で、勝ち抜いたのはなんと川村真洋であった。これには驚いた。歌やダンスの力が評価されたと思うが、なかなか勇気ある決断だったと思う。星野みなみですら復帰できず、さらにみさ先輩までも落ちなければならないこのグループは何なんだ。選抜の枠を増やせとみんな思っているはず。7th以上にアンダーはすごいことになるので、期待したい。ひめたんセンターで。

広告を非表示にする