幸せな結末

Happy End

Cherokee

Cat Powerの約6年ぶりとなるニューアルバム、『Sun』を聴いている。
大胆な方向転換。とても面白いアルバムだ。

さぁ、夏が終わるみたいだね。今年もあっという間だった。満喫とまでは行かないが、それなりに夏を感じれたし、いろんな感情を呼び起こされたし良かったと思う。
8日、サニーデイ・サービスのワンマンライブに行ったのだった。新曲「夏は行ってしまった」に合わせたセットリストで、これがまた最高だったんだ。レアで好きな曲ばかり。本当にいい曲ばかりだなぁって思っていたよ。"96粒の涙"、"恋人の部屋"、"魔法"、...

9月も楽しみな新譜が控えている。ザゼン・ボーイズくるり川本真琴and幽霊。幽霊とは写真家・佐内正史のことで、この2人の共作だそうだ。音楽と写真、異なる方法で同じものを表現しようとする。素敵だ。映像的な音楽が好きだし、音楽的な映像も好きだ。
音楽的な映像で思い出したけど、最近埋火というバンドを発見した。気づくのが遅すぎたと後悔している。その埋火の曲のPVがすごく良くて、つい惹きこまれてしまったんだ。その曲が入ってるアルバムの1つ前の『わたしのふね』というアルバムを最近よく聴いてる。ギターの鳴り方や、見汐麻衣の声が好きだ。全体的な音圧感もすごく現代的。でもこれが2008年とはね。相対性理論以前だもん。ノー・マーク。

広告を非表示にする