読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな結末

Happy End

おお坊や、そっちはどうだい?


その時僕は遠くの国で戦死した男について考え、札幌の姉妹について考え、70年代のハード・ロック・バンドについて考え、ネズミ色のブレザーを来た少年について考えた。そして目の前にいた女の子の小さな肩について考えていた。

広告を非表示にする